話せる場所があったらな♪と思う方は
ぜひメルマガを

読書会はテーマで参加するか決める│やり方や進め方より重要

読書会はテーマで参加するか決める│やり方や進め方より重要

記事まとめ
  • 読書会はテーマフリーとテーマが決まってるタイプなどがあります
  • 主催者が決めて課題本の読書会もあります
  • 自分で全部決めれる自分主催の読書会もおすすめ

読書会はテーマが重要?
僕は参加するかどうかはテーマで決めてます、続きをぜひ♪

僕が最初に参加した読書会は、テーマは「フリー」でした。

何の決まりもなく、自分が読んで良かったと思う本を一冊持ってくる。

そして、その本について発表しあう。

恐らく「テーマフリー」が1番メジャーで、オーソドックスなスタイルだと思います。

僕が読書会に参加するかどうかを決める時は、1番重要視するのが、「テーマ」です。

どんな読書会でも、必ずテーマ(どういう本を持ってくるか)が決まっています。

テーマや課題本という言葉を使っていると思いますが、それが自分の求めているものでないと参加しても十分に楽しめないことでしょう。

読書会のやり方やすすめ方より、僕にとっては、1番大事な「テーマ」について。

今日はそのことについてです。

読書会のテーマの括り方はまず「テーマフリー」か「テーマあり」か

読書会は大きく2つに分かれます。

「テーマフリー」か「テーマあり」か。

読書会にテーマある?

  • テーマフリーなら好きな本
  • テーマありならそのテーマに沿った本

まずはここで2つに分かれます。

それぞれにメリットがあります。

テーマフリーの読書会
どんな本を持っていってもいいので参加しやすい。自分が普段読まないような本を知ることが出来る。
テーマありの読書会
自分が好きな本について深く語り合える。同じテーマに関心がある人と仲良くなれるかも。

では、テーマが「あり」だった場合、どういう内容があるか見ていきましょう。

テーマは「小説」か「ビジネス書(実用書)」か

このテーマ分けは多いですね。

僕は小説もビジネス書も読みますが、中にはビジネス書しか読まない人もいますし、小説しか読まない人もいます。

そういう方々にとっては、このテーマ分けは重要でしょうね。

小説しか読まない方で、ビジネス書に全く興味がない場合は、他の参加者の方がビジネス書を紹介している時間、退屈に感じるかもしれないですし、内容によっては苦痛を感じるかもしれません。

ですので、もし、小説かビジネス書しか読まないというのであれば、このテーマ分けをされている読書会に参加するのもいいでしょうね。

テーマは「○○な一冊」

小説であれば例えばこういうテーマです。

小説の読書会のテーマ例

  • ミステリーをテーマにした読書会
  • ファンタジーをテーマにした読書会
  • 経済・SF・コメディ・パロディ・冒険・ホラー・恋愛・歴史などの小説
  • 季節(春・夏・秋・冬)をテーマにした読書会
  • 出会いや別れをテーマにした読書会
  • 場所(学校・会社など)をテーマにした読書会
  • 天候や気候(晴れ・雨・曇り空・雪・虹・風)をテーマにした読書会

テーマは作ろうと思えばいくらでも作れるでしょうけど、あまりにも凝りすぎると、参加してくれる方が少なくなる、いなくなる可能性もあります。

もちろん、自分にピッタリなテーマがあったら楽しいでしょうね。(ミステリー小説ばかり読んでる人がミステリーをテーマにした読書会にしたりするとか)

次はビジネス書でテーマといえばこういうのです。

ビジネス書でテーマを絞っている読書会というのはあまり見たことがないんですが、例えばこういうのです。

ビジネス書の読書会のテーマ例

  • お金をテーマにした読書会
  • 偉人をテーマにした読書会
  • その他、経営、経済、マーケティング、IT、デザイン

などでしょうか。

ビジネス書でも小説でも、細かいジャンルになると、よほど自分が興味があるテーマでないとちょっと参加しにくい感じがします。

僕の場合は「名刺代わりのビジネス書10選」で挙げた

テーマが主催さんが決めた一冊

これはよくあります。

主催者さんが、課題本を一冊決めている場合です。

僕の場合は「アウトプット大全」で読書会(大阪)をしたことがあります。

他にも好きな本を課題本にして読書会をしたいという気持ちはあります。

主催の特権というか、主催のいいところは、こういう課題本を自分で決めれるということがあるでしょうね。

テーマが作家さん

これは小説であれビジネス書であれ、作家さんを決めて、その方が書いた本なら何でもOKという読書会です。

みんなそれぞれお違う本が集まることもあるでしょうし、ほとんど同じ本が被ることもあるでしょう。

楽しいのは、その作家さんについて思っていることを発表しあえることです。

作家さんの想いを他の方々が、どういう想いでみているのか新しい発見があったりすることでしょう。

二人で読書会で主催体験を

僕が前から続けてる読書会(大阪)の中で、新しく始めようとしているのが「二人で読書会」です。場所は大阪です。

僕と二人での読書会なんですが、今までと違い、主催として参加してもらうことも出来るということです。その場合は、僕は参加者となります。

主催となっていただいた場合は、テーマや進行をお任せします。僕は小説もビジネス書も読みますが、それでも課題本としたい本を僕が読んでない場合もありますので、さきほどの例で言うと「作家さん限定、課題本限定」というのはなしでお願いすると思います。

もし、共通のおすすめ本があれば、その本で読書会をすることもできます。

まだ読書会に参加したことがない方にもぜひ、「読書会」からご参加いただけたら、楽しい時間を過ごしていただけるのではないかと思います。

読書会を主催する方法と進め方(やり方)まとめ読書会を主催する方法と進め方(やり方)まとめ

こちらに、読書会主催のやり方、進行の仕方、決め事をまとめていますので、ぜひ一度読んでみて下さいね。