話せる場所があったらな♪と思う方は
ぜひメルマガを
アウトプットの会【会話・雑談・スピーチ・プレゼンの本番前のオンライン練習場所】

話す練習をする会を作る目的

【話すこと・伝えることの練習の場所、経験の場所を作ること】 そのために2つの場所をオンラインに 1:1対1のアウトプットの場所 2:スピーチやプレゼンを練習する場所 順番に開始していきます
こんにちは、ペンギン会長と申します。 スピーチを練習する会を開催してきましたが、その会は一旦休止しまして、オンラインで開催する会を始めることにしました。 オンラインの会の目的、どういった方にご参加いただきたいかなどをお話ししていきます。

2つの話す練習の会【1対1の会話・スピーチ&プレゼン】

オンラインの会は、2つの会からスタートします。 一つ目は僕と1対1で、おしゃべりに慣れていただくような準備運動の会です。お好きなテーマでお話いただき、話す練習の時間にしていただくでもいいですし、二人で雑談をする時間でも構いません。 二つ目は、2名以上で、発表に慣れていただく会です。スピーチやプレゼンの練習の時間です。会話ではなく、順番に、決められた時間お話ししていただきます。

学ぶことはできる

1対1の会話、対話のコツ、雑談のコツ、スピーチやプレゼンのコツ、そういった方法を学ぶことは難しくありません。 本を読む、セミナーを受ける、上達のための動画を観る。いくらでも方法はあります。 では、そのような方法で学んでいざ本番の、初対面の場面、数名での雑談、大勢の前でのスピーチやプレゼン。 それで上手く人もいるかもしれませんが、僕は大失敗をしました。 コツや方法を学んだ後に、本番のアウトプットの前に、練習が必要だと思ったんでうす。

話す練習(スピーチ&プレゼン)は一人でも出来る

話す練習(スピーチ&プレゼン)は、やはり人を相手に練習するのが最善だと思いますが、一人でも出来るんです。日々、一人で出来る話す練習、伝える練習を続け、定期的に、それを試すために人を相手に話をしてみるのもいいでしょう。

講師のいない「話し方教室&伝え方教室」

アウトプットの会は、ご自身の様々なことアウトプットしていただく場です。(オンラインと対面) イメージとしては「講師のいない話し方教室&伝え方教室」です。 先生がいて、その人から何かを教えてもらうのではありません。 知識として得る手段はいくらでもあります。 東京や大阪であれば、話し方教室もたくさんありますし、他の地域でも開催されているところも少なくないと思います。 最近はオンラインでも学ぶことが出来ます。 では、その学んだ知識をどう活かすかです。 その学んだ「話し方」で、いざ初対面の人を相手に練習してみることは出来るでしょうか。 大勢の前で使ってみることは出来るでしょうか。 相手はこちらの予想通りに動いてくれるとは限りません。 あなたの話を遮って、自分の話を始めるかもしれません。そもそも会話は、先が読めません。 ですので、会話をする経験、話す経験、練習を積み重ねることが大切だと思います。
最新の記事
スピーチ会特集
本の紹介特集