人と話す場所「はなつばの会」

「聞き上手は話し上手」は本当?結論は本当だと思う

「聞き上手は話し上手」は本当?結論は本当だと思う

記事まとめ
  • 聞き上手は話し上手って思いませんか?
  • 話し上手は相手のことを知ってから話す
  • だから話し上手は相手の話しに興味を持って話を聴く
  • 結果、話すのも聴くのも上手くなる!

話すのが上手い人?聴くのが上手い人?
出来ればどっちもなりましょうというお話しです

聞き上手だなと思う人もいるし

話し上手だなと思う人もいます

聞き上手な人は話し上手だなと思うことも多いです。

その理由は簡単です

  • 話し上手な人は相手が喜ぶ話しや興味のある話しをしてくれます
  • 相手がどういう話が好きかは聴かないと分かりません
  • だから話しが上手な人は、相手の興味も聴いてから話してくれたりするので
  • 話し上手だなと感じるのではないか、というのが結論です

これは僕の主観であり自分の経験でそう思うようになったんです。

会話の中でこういうことを心がけてみるのもいいですよね、ということを書いています。

聞き上手な人はまず知ることから始める

時々あるんです。

気付いたら、今まで話したこともないようなことを、つい自分ばかりが話してしまうことが。

時々そういう人がいるんですが、聞き上手な人ってこういう特徴があります。

聞き上手な人

  • 少し微笑みベースな表情
  • 話す内容にあった表情
  • 相槌と頷きで安心できる
  • 共感しながら聴いてくれる
  • 質問がくどすぎない
  • すぐに否定したり反論しない
  • 無理矢理沈黙を埋めようとしない

あくまで一例ですけど、気付いたら僕が一方的に話しを聴いてもらってたなと思う人の特徴です。

思い返すと、こういう方は話しが上手でした。

話し方が上手といっても、それはあくまで僕にとってであり、誰に対してでもということはないかもしれませんが、きっと、そういう方は誰に対しても聞き上手なんだろうなと思います。

聞き上手な人は、まずこちらのことを知ってくれる人が多かったんです。

では、なぜ聞き上手は話し上手なのか?

こちらが聞きたいことを話してくれるから話し上手

ここでは、何をもって「話し上手」とするか決めておきます。

話し上手な人
自分が聴いててワクワクするような話しや興味があることを話してくれる人

例えばです。

すごく上手に「これからの日本の仕事がどうなるか」を話しをしてくれる人がいても、そもそも仕事に興味がない人にとっては、話し上手とは思えません。

すごく上手に「スピーチが上手くなる方法」を話してくれる人がいても、そもそも人前で話す機会もないし、すでにプロ並みのスピーカーの人にとっては、話し上手とは思えません。

つまりですね、話し上手だなと思う時って、自分が聞きたいことを話してくれる人なのではないかと思うんです。

そうなると、「相手が何を聞きたいと思ってるかを知る方法は、まず先にそれを聞くこと」というわけです。

話し上手になるにはまず相手のことを知ることから

もし、話すのが上手になりたいと思うなら、まずは相手のことを知ることが大切です。

そのためには、相手に質問をし、相手のことを知ることが大切です。

学ぶ姿勢で話しを聴くと何でも聴きたくなる

僕は地域活動の中で、年配の方の話を聴くことが多いのですが、話すことより聴く事が多くなります。

普段話すことが少ないからということもあるのでしょう。皆さん、とにかくいろんな話しをしてくれます。

貴重なお話しです。

僕が一生かかっても経験できないような話しを聞かせてくれます。

そう考えると、どんな人からのお話しも聴くのが楽しいものです。

まあ、あまり深く考えずに、「人の話しに興味を持って、話しを聴かせてもらいたい」という思いは持っていたいと思います。

最後にもう一度まとめておきます。

聞き上手から話し上手へ

  • 話し上手は相手が興味があることを話してくれます
  • 相手が何に興味があるかを知るには聴く(訊く)必用があります
  • 話し上手な人は相手の興味を知った上で、相手が興味があることを話してくれたりするので、話し上手と思われる

ということでしょう。

自分の話しを聞いてもらいたいという欲求は、少なからず誰にでもあることでしょう。ただ、自分に余裕がないと、人の話しを聴く余裕も生まれなくなってきます。

まずはいかに自分に余裕を持てるか。それもあわせて考えていきたいところです。