人と話す場所「はなつばの会」

え?こんな早口だったの?伝わらない癖を克服して印象を変える

え?こんな早口だったの?伝わらない癖を克服して印象を変える

記事まとめ
  • 僕はなぜ早口になっていたのか?
  • 早口を治す方法は日々の練習が大切
  • 早口が過ぎると相手に上手く伝えることが出来ないこともある

自分、気づいたら早口になってる?
心当たりがある方は続きをどうぞ

自分では自分の話す姿を見れませんよね。

でもね、自分の話してる姿を動画で撮影することは出来ます。

スピーチや話し方、あがり症克服といった講座でよくあるのが、「自分の姿を撮影しましょう」というものです。

これは色んな方が推奨していますし、僕も人におすすめしています。

客観的に自分の話す姿を見ると、新しい発見があったりします。

僕の場合は、その一つが「早口」だったんです。

自分の早口に気づいたきっかけはビブリオバトル

2019年秋、始めてビブリオバトルに参加しました。

体験会ではありましたが、5名ほどが発表し、制限時間5分は厳守でしたし、緊張感はありました。

その時の記事はこちら。

リンク(未設定)

僕が紹介したのは「本日は、お日柄もよく(原田マハさん)」でした。

ビブリオバトル体験会への参加が決まってから、まずは本を決め、そこから原稿を考えました。

初めてのことだったのですが、その頃にはスピーチ会も始めていましたし、読書会も主催したり参加したりしていたので、本について発表することには慣れていたつもりでした。

原稿を考え、スマホで自分が話す姿を録画したりしながら、万全の準備で挑もうと思いました。

僕が書いた原稿通りに話すと、だいたい6分半から7分くらいかかっていました。

ビブリオバトルにスピーチ時間は「5分」です。

それでも、「まぁ体験会でし、少しくらいのオーバーは許されるのかな?」という甘い考えで、本番を迎えました。

僕の発表の番、話し始める前は、少しは緊張していましたが、練習もしてきたし、上手く話せるかは別として、最後まで話は出来るだろうと思っていたんです。

テーブルの上には、カウントダウンタイマーが置かれており、自分が話してる時間が分かります。

僕は、自分が考えた原稿を思い出したら、参加者の皆さん一人一人に目を配りながら、精一杯発表しました。

この言葉で発表も終わりかな、というところでタイマーを見ると、なんと「残り30秒以上」あるんです。

練習の時と内容はそう変わらないと思います。

それに、自分の中ではゆっくりめに話そうとしてたつもりだったんです。

「早口」になってたんです。

練習の時と2分も違うということは、かなりな早口になっていたんだと思います。

なぜ僕は早口になったのか?

人が早口になる原因は諸説あります。

  • 話すことが多いので忘れないように早口で話す
  • 時間がなくて焦りながら早口で話す
  • 嬉しい悲しい腹が立つといった感情による早口
  • 緊張してるので言うことを忘れないように早口で話す

僕の場合は、恐らく4番目の「緊張」からくるものだったと思います。

原稿を書いて、それ通りに話さないといけないという思いが強かった気がします。

だから、忘れように、頭の中から早く出していきたかったのではないかと思います。

まあ憶測ではありますが、心当たりはあります。

早口だと伝わらない可能性あり

早口でいいことはあるのでしょうか?

時々テレビに出てる方でも早口の方はいます。

マシンガンのように話しまくるようなスタイルです。

そういう何か特別な場面や職業の方なら、早口を武器に出来ることもあるかもしれません。

ただ、ビブリオバトルのように、目的が「その本の魅力を伝えて読みたいと思ってもらう」ことが目的なので、あれば早口は向きません。

早口になると、聞き取りにくくなったり、早すぎて理解できなかったり、マイナスな要素のほうが強すぎると思います。

きちんと、自分の話を伝えたいのであれば、僕がしてしまったような早口は避けたいところです。

早口克服は日々の練習が必要

僕が早口になってしまっていたのは無意識です。

早く話そうとは思っていませんでした。無意識です。

ですので、何らかの対策を立てないと、早口を克服することは無理でしょう。

今回は、早口克服のためのいくつかの方法を載せておきます。

ただ、この方法を一つ一つ日々意識するというのは簡単ではありません。

詳しくはまた追加していきます。

  • 話すスピードを適切なものにした自分が話す姿を日々録画してチェック
  • 話す内容を暗記しようとしない
  • 話す内容に完璧を求めない
  • 間をとりながら話す
  • 朗読で練習する
  • 呼吸を深く腹式呼吸を心がける

どの方法が自分に適しているかは分かりませんが、一つ一つ対策を取り入れていってみます。

スピーチ会の時に、こういう早口になっていることを意識して治す練習をしてみます。

結局は、いかに相手に伝わる話し方が出来るかに繋がりますので、円滑なコミュニケーションのためにも、この早口は克服していきます。

早口になってしまうのを克服したい!まとめ

また時間の関係でここまでになりますが、早口克服、過度な緊張克服、あがり症克服、人見知り克服、どれをとっても、1日でとか簡単にとはいかないものですね。

日々、練習や場数を踏みながら、克服を目指したいところです。

早口になってしまう原因
僕の場合は緊張してるから、完璧に話さないといけないからという思い込み、そういったことが原因で早口になっていたと思います。
早口を克服する方法
やはり1日で克服するのは難しいでしょうから、どんな方法であれ、日々練習する必要はあるでしょうね。
早口では伝わらない想い
早口も度が過ぎると、何を言ってるのか聞き取りにくかったり、スピードに思考が追いつかなかったり、本当に伝えたい思いが伝わらないこともあります。ゆっくり一言一言丁寧に、どうすれば相手に伝わりやすいかを考えてみたいと思います。

早口に関するページはこちら

相手に伝わる話し方3つのルール「1つだけ伝える」「5W1H」「ゆっくり話す」。

いかに相手に伝わる話し方が出来るか。

前に書いた記事です。

ブログには書いたものの、練習も実践も出来ていませんでした。

もう一度読み直しながら、克服に向けて練習します。

相手に伝わる話し方3つのルール「1つだけ伝える」「5W1H」「ゆっくり話す」相手に伝わる話し方3つのルール「1つだけ伝える」「5W1H」「ゆっくり話す」

次はこちらです。

人前で話す時の話し方の練習はコツよりトレーニングの積み重ね。

コツやノウハウや方法は分かってきても、それを練習しないことには、僕のように実践の時に無意識で早口になってしまうかもしれません。

普段からいかにゆっくり話すことを習慣に出来るかが大事ですね。