話せる場所があったらな♪と思う方は
ぜひメルマガを

スピーチやプレゼンの時のベストな手の位置はどこ?

スピーチやプレゼンの時のベストな手の位置はどこ?

記事まとめ
  • スピーチの時の手の位置の候補をまず知る
  • マイクを持つ時と持たない時の手の位置は?
  • スピーチの時の手の位置は自分で決める!

スピーチの時ってどこに手を置いてますか?
気になる方は続きをぜひどうぞ

以前、あるパブリックスピーキング(スピーチ)の体験セミナーに参加しました。

たくさんの指摘をいただきましたが、そのうちの一つが「スピーチしてる時の手の位置」です。

今までは、手を自然に横にだらんと下げてたと思いますが、時々、おへその前あたりで組んだりすることもありました。

確か、その体験セミナーの際は、指を伸ばした状態で、左右の指をくっつけるような手をしてたと思います。

それを指摘されました。「弱く見える」という理由でダメだと。

手の位置はどこに置いておくのが一番良いのか?

調べたり、実際にいくつか試してみて決めました。

僕の出した結論はこうです。

マイクを持たない時

おへその前で手の組む。手の甲が相手に見えるようにするのではなく、手の内側が上を向くように組む。

マイクを持つ時

右手で持って、ミゾオチあたりで固定。左手は右手を下から添える様に。

あくまで僕の場合はということです。

手をお腹の前で組むのは弱弱しい?

僕が講師の先生から指摘を受けたのは、お腹の前で左右の指をあわせてスピーチしていたから。

「もっと力強く!手を広げて!」って言われたんです。

でも、僕が話す機会があるのは、プレゼンよりも、PTAや自治会の活動でのスピーチが多いんです。

相手は学校の保護者だったり、地域の年配の人が多いです。

そんな方相手に、ダイナミックに手を動かして話をしたらどう思われるでしょう?きっと引くでしょうね。

スピーチやプレゼンでの手の位置といっても、何を話すか?相手はどういう人か?によって、違ってきていいと思うんです。

僕も実際、その時にした手の位置は、何かの本で見た真似だったんです。でも、その講師からするとそれはダメだと言うわけです。

つまり、答えなんてないんです。正解なんてないんです。

場面によって変えるのもいいでしょうし、変えないのもいいと思うんです。

それよりまずは、自分の基本スタイルを決めたほうがいいでしょう。

基本の手の位置はこう!

そういうのがある、安心材料になると思います。僕は今まで、いろんな本やネットの情報で、スピーチの際の手の位置を調べている中で、「どれが一番いいのか?」を調べてきましたが、その講師に言われて気づきました。

正解はない。

だから、「自分の手の位置はこう」って決めようと思ったんです。

スピーチの時の手の位置はどこにするかの候補

スピーチやプレゼントの時の手の位置にする候補を挙げていきます。

ざっとこういう手の位置があるでしょう。

スピーチ始めの手の位置候補

  • 気をつけの姿勢で手を横に添えておく
  • 後ろで手を組む
  • 腕を組む
  • 胸の前で拝むように手を組む
  • おへその前あたりで手の平を上にして組む

今回は手の動きのことは関係なく、あくまで話し始める際の「手の位置」についてです。

恐らくこういう候補が挙げられるでしょう。

手を横に添えておく

スピーチや人前で話す時によく見かけます。

一番自然でオーソドックスかもしれません。

僕も自然に横にダランとさせてることもありましたが、どうも落ち着かないので、今はしていません。

手を横にして話す人は多く、基本は手を横にしておいて、片手で身振り手振りしながら話す人も多いですね。

後ろで手を組んで話す

上からな感じがするのが、後ろで手を組んで話す話し方ですね。校長先生感が出てきます。

腕を組んで話す

これも上から目線ですね。威圧的というか高圧的というか。決して目上の人に話す時に腕を組んで話はしないでしょう

スピーチの時も、さすがに腕を組んで話すことはないと思います。

胸の前で拝むように手を組む

僕はこれもいいと思っています。丁寧な感じがしますし、悪い気はしません。

ただ、姿勢を正してお願いのようなポーズをするのは少し不自然な気もします。なので、僕はこれはしません。

おへその前あたりで手の平を上にして組む

今は僕はこれです。別に正解とかそういうことではなく、これが落ち着くので、基本はこれです。

おへその前あたりで手を組みます。

片方の手に、もう片方の手を添える感じがいいとう人もいます。それでもいいと思いますが、僕の場合は、手を組んで、平が上に来るようにするほうが落ち着くので、それで話し始めます。

身振り手振りも大事かもしれませんが、僕はそこまで大きなジェスチャーが必用がプレゼンやスピーチの場というのは、まずないので、今は全く考えていません。

もしそういう機会が出てきたらまた考えます。

マイクを持つ時の手の位置は?

マイクを持つ時も、基本の手の位置はほぼ同じにしています。

僕は右利きなので右手でマイクを持ち、みぞおちの前あたりで右手を固定しておきます。

左手を右手を下から包むように添えます。

以前は、カラオケで歌う時のように、マイクを右手で持って、右ひじが体から離れていることもあったのですが、それだと安定しないので、今は右ひじは体につけて、右の拳はミゾオチの前につけて、安定させることを優先しています。

スピーチの時の手の位置に正解はない

スピーチやプレゼンの時に、手をこの位置にしておけば間違いないという場所はありません。

今回、まとめたのは、あくまで僕の決め事であり、話し始める際の手の位置です。

その後、気付いたら身振り手振りで話してることもあります。

なぜ、話は始める際の手の位置を決めているかというと、人前では緊張しがちだからです。

元々は極度のあがり症でしたので、どうにか、あがらない方法をと調べたり、自分の経験から分かったことは、「予期せぬ場面は緊張する」ということです。

初めての場所、初めての人、初めての会議、初めての案件。

初めてのことはやっぱり緊張します。

ですので、ひとつずつ、「初めてではないようにしたらどうか」と思うようになったんです。

その中の一つが「手の位置」です。

前までは、手の位置は意識していませんでしたが、話し始めの手の位置は「おへその前あたりで手の平を上にして組む」と決めていますので、それは初めてではなく、「いつも通り」です。

正直、この手の位置や手の動きは、皆それぞれ好みがあると思います。

僕は、プロの話し手ではないので、まずは、自分自身が、人前でのスピーチで緊張しなくなることが目標なので、とりあえず、これ以上のこと(手の動かし方とか)は考えずに、話し始めの手の位置だけは決めておいて、心の平穏に繋げたいと思います。

スピーチの手の位置は動画で確認しましょう

自分のクセというのは自分では気づかないものですね。

僕が最初にスマホで自分が話してる姿を動画で撮影した時、予想していなかった動きをしていました。

顔が少し上を向いてたり、中途半端に片手が動いていたり、突然ぽかんと口をあけてたり。

まずは自分のことを知ることが大切です。

何度でも書きますが、スピーチの上達のために、あがり症克服のために、自分の話す姿を動画で撮影するのは有効だと思います。

姿勢もそうですが、見た目の印象はとにかく大事なんです。