人と話す場所「はなつばの会」

はなつばの会【人と話す場所】話せる場を作ります(会話が苦手な方もぜひ)

はなつばの会【人と話す場所】並行して会を開催することにする

記事まとめ
  • はなつばの会を始めます
  • 今まで開催した会も並行して開催します
  • 人と話す色々な場所を作ります

一つに決める必要はないと考えるようになりました
並行して人と話せる場所を作ります

8月1日(土)の夜に、第2回目の「聞かせて下さいの会(仮)」を開催しました。

お二人にご参加いただき、「本と映画」をテーマに楽しくお話しをさせていただきました。

お話しを聞かせていただいている中で、僕がずっとモヤモヤしていたことが、すっきりしました。

この記事のタイトルは「人と話す場所の会に答えはない!」としました。

それが「答え」です。

僕が出した答えは「答えを出さない」こと

ここ数ヶ月、オンラインのZOOMで色々な方とお話をさせていただいた結論として、辿り着いたのが「聞かせて下さいの会(仮)」だったわけです。

この会に辿り着くまでに、いくつかの会を主催してきました。

  • 読書会
  • スピーチ会
  • アウトプットの会
  • 聞かせて下さいの会

ほぼ被ることなく、読書会をやめた頃にスピーチ会を始め、スピーチ会をやめてアウトプットの会を始め、そして次に聞かせて下さいの会を開催しています。

なぜ、そうやって会の名前や趣旨を変えてきたかというと、「今してる会より、自分が楽しくて、皆さんが参加しやすくて、より楽しんでもらえる会にするにはどうしたらいいか?」と考えたうえでの答えだったんです。

でもそれで良かったのかなと、最近思うようになったんです。

答えをすぐに出すことが良いのか?

僕はすぐに「答え」を求めるタイプかもしれません。

時々そう思うんです。

例えば、スピーチ会を10回開催してきて、コロナの影響で、会場での開催が難しいとなった時、ZOOMを使っても開催しました。

そこまでは良かったと思います。

そこから「スピーチという名前では、参加しにくいかも」ということで「アウトプットの会」を始めたんです。

「スピーチという名前では、参加しにくいかも」というところがポイントです。

確かに、「スピーチ」というと、敷居が高いというお声はいただいたことがありました。

それに、オンラインですから、「人前で話す練習にはなりにくかも」と僕は思ったんです。

ですので、会の名前や内容を変えて「アウトプットの会」にしたんです。

それが僕が出した答えです。

でも考えてると。

「スピーチ会」という会をやめなくても、新しく別の形の会を開催しても良かったのではないかと思うようになりました。

「スピーチという名前では、参加しにくいかも」と、僕は答えを出しましたが、それはあくまで数人の方から言われただけであって、他のご参加の方は、スピーチという敷居が高い会だからこそ、ご参加いただけた方もいらっしゃいました。

そう考えると、「スピーチ会」はやめずに、次に考えた会も並行して開催すれば良かったのかもと思うんです。

「スピーチ会はダメ」、だから「アウトプットの会」をしよう、と思ったんですが、そうではなくこうなります。

「スピーチ会はそのままでいこう」、そして、新しく「参加しやすい会も作ろう」でよかった気がします。

「スピーチ会よりアウトプットの会のほうが良いだろうと」という答えを僕は出してしもったんですが、振り返ってみると、並行して開催で良かったんです。

ということで、今後の会のことです。

複数の会を並行して開催していきます

会の趣旨としてはこのようなものがあります。

  • 読書や映画やテーマについて話したい方
  • 人前で話す練習の場所
  • 普段から人と話す機会があまりない人向け
  • 話すのが苦手な人
  • 話すのが上手くなるために練習したい
  • 話すトレーニングをしたい

キーワードは「話す場所」です。

いろいろなタイプの「話す場所」を作ります。

今はオンラインのみで開催します。

  • 本が好きな方が集まる「読書会」
  • 人前で話す練習の「スピーチ会」
  • インプットしたことを出してみる「アウトプットの会」
  • 僕から質問させていただく「聞かせて下さいの会」

似通っている部分もありますが、コンセプトは異なります。

また、参加しやすさも会によって変えることにします。

それぞれの会については、また詳しくご案内します。

はっきりさせないほうがいいこともある

もっと気楽にいこうかなと思います。

どれが1番でとか決めたりもせず、1つに決めなくてもいいこともあるでしょうし、答えを出さなくてもいいこともあるんだなと思います。

自分でそう思うようになったのではなく、会の中でお話しを聞かせていただいている中で、そう思うようになったんです。

僕の中で、どこかで、会の運用についてモヤモヤしてる部分があったのですが、頭の中がすっきりした気がします。

比べたりすることなく、僕がしたい会を開催して、それを「いいな」と思う方にご参加いただけたら、それでいいのだと思います。

最後に、会の名前は「はなつばの会」とします。

その「はなつばの会」の中に、読書会やスピーチ会や、その他の会があるイメージです。

はなつばの会については、次回書きます。

はなつばの会、メインページはこちらになります。

はなつばの会【人と話す場所】話すのが苦手な方の練習にも!会話を楽しみたい方も!はなつばの会【人と話す場所】話すのが苦手な方の練習にも!会話を楽しみたい方も!