人と話す場所「はなつばの会」

人と話す練習場所に!一人で出来たら次は対人で実践

人と話す練習場所に!一人で出来たら次は対人で実践

人と話す練習場所はどこにでもあります。

それは、学校でも会社でも家庭でも、その気になれば、練習場所はいくらでもあります。

ただ、それは普段から人と接する環境である人の場合であって、僕のように、普段から人とはほぼ接しない生活をしている人なら、その練習場所を探すのも簡単ではありません。

ということで、今回は、人と話す練習場所についてです。

人と話す練習は一人でも出来る

人と話す練習は一人でも出来ます。

一つは、以前から書いていますが、自分が話す姿をスマホで録画してみる、という方法です。

自分の話してる姿を動画で撮影する【スピーチの練習・あがり症克服・人前での緊張解消】自分の話してる姿を動画で撮影する【スピーチの練習・あがり症克服・人前での緊張解消】

自分が話す姿を録画して、あらためて見てみるのは、最初は恥ずかしいと思います。

ところが、何度も繰り返していると、だんだん慣れてきます。

その時に何を話すかですが、これは決まっていません。

相手がいると想定して、こういうことを話せばいいでしょう。

  • 今日あった出来事
  • 読んだ本の紹介
  • おすすめの趣味
  • 自己紹介

本当に何でもいいです。自分の言葉で話してみてください。

これは、僕もかなり前からしています。

それと鏡に向かって話す、というのも練習になります。

自分ではありますが、目がありますから、何もない壁に向かって話すよりは緊張感が出ます。

この2つ。

  • 話す姿をスマホで録画する
  • 鏡に向かって話す

これはよく言われる方法です。

今日はもう一つ挙げてきます。

それは「好きな人の真似をする」という方法です。

もしかしたら、意識していなくても、自分の話し方や性格も誰かの影響を受けているかもしれません。

無意識とは怖いもので、よく目にする人、耳にすること、そういったことの影響を知らずに受けていることがあります。

ということで、話し方も、誰かの真似をしてみるというのもいいでしょう。

テレビに出てる芸人さん、タレントさん、俳優さん、女優さん、あるいは、Youtuberの方でもいいでしょう。

とにかく、自分はこういう人みたいな話し方が出来るようになりたいという人を見つけましょう。

そしてその人の話し方を真似る。

話し方だけでなく、間の取りかた、ボディランゲージ、あらゆることを真似てみる。

毎日その人の映像を見て、独り言のように呟いてみる。その人になりきってみる。

この方法もおすすめです。

ただ、ここで一つ問題があります。

普段から人と接する機会が少なめな人、会話をする機会が少ない人。

そういった皆さんの場合は、一人で練習できたとしても、そこから、いきなり人を相手に話してみることになります。

練習してから、いきなり本番となるわけです。

その間に、人と話す練習ができる場所があれば尚良いと思います。

人と話す練習の場所はこういう所

もちろん、自宅で一人で話す練習をして、次の日、学校や会社で試してみることが出来るなら、それに越したことはありません。

どういう反応が返ってくるか分かりませんが、一つずつやってみて、自分の話す力を高めていけばいいと思います。

もし、練習は一人で出来るけど、いきなり知り合いで実践するのは勇気がいるという方は、こういう場所も候補として考えてみてはどうでしょうか。

読書会

今はもう僕は主催はしていませんが、参加はしています。

知らない人がほとんどなので、自分が一人で練習した話し方を試してみるにはもってこいだと思います。

話すことも、本のことを話せばいいだけです。

オンラインの交流会

無料でオンラインの交流会を開催している人もたくさんいます。

そこに入ってみて、自分が一人で練習した話し方を試してみるのもいいでしょうね。

オンラインで知らない人ばかりでしたら、緊張もしにくいのではないでしょうか。

自分で交流の場を作る

今は誰でも交流の場を作れる時代です。

TwitterなどのSNSで呼びかけてみるのもいいでしょう。

一人でも二人でも、お話しできる相手が見つかるかもしれません。

僕は普段ZOOMを使っていますが、オンラインであれば、全国の方と繋がることが出来ますからね。

自分一人で話す練習は出来るけど課題は対人

ここに書いている方法以外でも、自分一人で話す練習はいくらでもあると思います。

ネットで調べると、他にもたくさん出てくると思います

課題は、そこからです。

人と話す練習は一人で出来たとして、そもそも目的は何だったのか?ということです。

もし「人と話すのが苦手だから、ざっくばらんに誰とでも話せるようになりたい。」ということでしたら、一人で練習をしていても、なかなか効果は上がらないでしょう。

なぜなら、その目的のための練習にはなっていない可能性が高いからです。

もし「人前であがらずに話せるようになりたい」ということであっても、一人で練習するだけでは、なかなか効果は出にくいと思います。

ということで、先ほど挙げたような、人と接する練習も大切だなと思うわけです。

誰かを相手に練習が出来るなら、それに越したことはありません。

家族の方でも、話を聞いてもらえるなら、自分が一人で練習したことを聴いてもらうでもいいでしょう。

いずれにしても、一人での練習だけでなく、人を相手にした練習のほうがより効果は出やすいと思います。

アウトプットの会は一人で練習した成果を試してみる場所でもある

僕が前から開催しているスピーチ会は、人前で話す練習の場所です。

人前で話す練習「スピーチ会(大阪)」人前で話す練習「スピーチ会(大阪)」

今開催している「アウトプットの会」は、いくつかの役割がありますが、その一つが話す練習の場所です。講師のいない「話し方教室」と書いていますが、講師はいません。

ですので、まずは一人で話す練習をしてもらっておいて、それを試してみる場所というイメージです。

もし良かったら、話す練習の場所の一つに加えてもらえたら嬉しいです。

最後に、ブログ内の関連ページをご紹介しておきます。

そもそもアウトプットの会を作ろうと思ったきっかけの一つは、やはり僕自身が在宅ワークで誰とも話すことがなかったからというのもあります。話す人がいないのは苦痛でした。どんどん人と話すのも苦手になっていきました。

人前で話す時の練習はやはりトレーニングというか経験が必要ですね。

一人で話す練習をするのも大事ですが、やはり相手が一人でもいると、緊張感は増します。その緊張感を積み重ねることは、スピーチやプレゼンでの緊張対策にもなると思っています。