話せる場所があったらな♪と思う方は
ぜひメルマガを

読書会レポ【第7回】二人で読書会(まにまに×レインツリーの国・本日は、お日柄もよく・かたちだけの愛)│大阪

読書会レポ【第7回】二人で読書会(まにまに×レインツリーの国など)│大阪

記事まとめ
  • 第7回読書会レポ
  • まにまに×レインツリーの国・本日は、お日柄もよく・かたちだけの愛
  • 2人で読書会は楽しいです

小説での読書会ってネタばれにならない?
ならないように話しましょう、続きをぜひ♪

この日2回目の「二人で読書会」。

日程:2019年10月22日(火・祝)
時間:午後の部(17時頃~20時半頃)
場所:大阪難波
参加:2名
テーマ:推し本(小説)紹介

僕は今まで、読書会に参加した時も主催した時も、小説を持って行ったことがないんです。

ということもあって、始まる前から緊張していました。

だって、ネタバレになってしまってはいけないですし、ビジネス書を紹介するより、すごく難しそうという印象を持っていたんです。

初めての小説での読書会

元々ビジネス書のほうが読む割合は多いです。ツイッターのプロフ欄では8:2でビジネス書が多目と書いていますが、時期にもよりますが、ビジネス書(実用書)のほうが小説より多いのは間違いないです。

さて、今回は、小説での読書会ということで、どの本を持っていくか?何冊持っていくか?どのような話そうか?などを考えてましたが、なかなか決まらず。

読書会が始まってみると、そんな心配は全く必要ありませんでした。心配なんて必要のなかった、楽しい時間になりました。

僕が読書会に持って行った小説

・本日は、お日柄もよく(原田マハ)
・レインツリーの国(有川浩)
・かたちだけの愛(平野啓一郎)

この3冊にしました。

3冊とも、お相手の方は未読ということもあって、どう紹介しようか難しかったです。内容は少しだけで、あとは、なぜその本を買ったかなどをお話しさせていただきました。

お相手の方が持ってきた小説

まにまに(西加奈子)

エッセイ集ですね。簡単に内容を聞かせてもらったり、なぜこの本を買ったのかなどお話しをいただきました。

3時間以上の読書会は本以外の話題へ

予定では90分の読書会でしたが、終わってみると3時間以上も話してました。

この場に持ってきていない小説の話しもしましたが、読んでる本が全く被ってない。

女性の方だったということもあるのかもしれませんね。

本の話しから映画の話しになり、気付けば本以外の話しも話題に。

ところどころで本の話しの戻りながら。

読書会というと、本だけの話をしたいという方もいらっしゃいます。きっとそういう読書会もありますし、それはそれでいいと思いますが、僕の場合は、本の話題から始まり、その他の話題に進んでいくのも楽しくて好きです。

本以外の話題の中に、その本を買った理由が潜んでいたりもしたりします。

時間を忘れて楽しいお話ができたのは、本が好きという共通点がまずあったから。

これからも、2人で読書会は続けつつ、12月が1月頃からは、少し人数多目、といっても、4人から8人くらいまでで、読書会を開催出来たらいいなと思っています。

主催者か参加か選べる読書会は一旦白紙

主催か参加かを選べる読書会ということで、少し前にご案内しました。

この日の読書会は、それに近い「推し本紹介」か「課題本紹介」かを選べる読書会にしました。

ところが、僕の説明が分かりづらかったようで、逆にお手数をおかけする結果となってしまいました。今回は、結局は、それぞれの推し本を持ってくるということになりました。

ですので、「主催か参加かを選べる読書会」というのは一旦白紙にさせていただきます。

ただ、「ビジネス書」か「小説」かはお選びいただけるようにしたいです。僕の知り合いでも、全く小説読まない人、全くビジネス書読まない人、いらっしゃいますから。

読書会(関西大阪orZOOM)【40代主催ですが20代30代、50代以上も大歓迎】読書会(関西大阪orZOOM)【40代主催ですが20代30代、50代以上も大歓迎】

こちらは僕が主催する読書会のメインページです。開催レポやテーマなどを載せています。