人と話す場所「はなつばの会」

ビブリオバトルとは?読書会とは何が違う?やり方もルールも全く違うもの

ビブリオバトルとは?読書会とは何が違う?やり方もルールも全く違うもの

記事まとめ
  • ビブリオバトルとは読書会とは違います
  • ビブリオバトルは5分でいかに皆さんに、その本を読みたいと思ってもらえるかを競う戦いです
  • チャンピオンではなくチャンプ本を投票で選びます
  • ビブリオバトルのルールは公式サイトでチェックして下さい

ビブリオバトルに参加したい?
僕も参加したい!主催もしたい!

ビブリオバトル(知的書評合戦)って聞いたことありますか?

簡単に書くとこういうものです。

自分が面白いと思った本を持ち寄り、5分でその本を紹介し、その後2~3分間、参加者全員でディスカッションして、「どの本が一番読みたくなかったか?」を投票してもらい、「チャンプ本」を決める。

ビブリオバトルは読書会とは違います。

一番の違いは、ビブリオバトルはルールが明確に決まっている点です。

こちらの公式サイトに全部載っています。

もし、個人ブログ等でビブリオバトルのルールややり方が書かれていたとしても、最新であり正確な情報は公式サイトに掲載されているものですので、このアマノノブログでも、ルール等の詳細は書かないでおきます。公式サイトでご確認下さい。

ビブリオバトルと名乗るには公式ルールを守るのが条件

公式ルールの全てを満たしているものを「ビブリオバトル」と呼びます。

ですので、ルールを少し変えて主催したいなら「ビブリオバトル」と名乗ることができません。

ビブリオバトルに出てみたい

大阪で読書会には参加したり主催したりしていますが、ビブリオバトルには観覧したことも出場したこともありません。

ビブリオバトル自体を知ったのは、1年ほど前だったかと思います。

その頃は、特に出場したいという思いはなかったのですが、最近になって、人前で話すことが楽しくなってきたこともあり、挑戦してみたいという思いが出てきました。

ビブリオバトルと読書会の大きな違い

読書会のルールに決まりはありません。僕が主催する「読書会(大阪)」でも、毎回違う内容で開催しています。

話をしてもらう時間も、厳密に決めているわけではありません。チャンプ本を決めることもありませんし、誰の発表が良かったかを決めることもありません。(読書会によってはそういう内容で開催されているかもしれませんが。)

自分が持ってきた本を紹介する、という点ではどちらも一緒ですが、読書会は全員が発表するのが基本です。

ビブリオバトルの場合は、出場者は5人とか数名で、あとは観覧する方となるようです。

ビブリオバトルで得られるスキル

僕がなぜビブリオバトルに出てみたいと思ったかというと、得られるスキルがとんでもなく多いからです。

5分間、自分の想いをスピーチするわけです。内容はともかく、これだけの時間、何も見ないで自分の言葉で話せることって、とんでもなくすごいことです。

ちなみに僕は、数ヶ月前にあったセミナーで、隣の人とペアを組んで、自分の好きな本を、その隣の人に紹介して下さい、というワークの時に、必死で話したのに1分半しか過ぎていませんでした。

準備していなかったということもあるでしょうけど、大勢の前で自分の思いを伝えるというのは簡単ではありません。

ビブリオバトルへの出場を続けていると、スピーチ力、自己表現能力、コミュニケーション能力が身についてくることでしょう。本が好きなら、僕はこのビブリオバトルはおすすめです。いきなり出場するのは難しいと思うなら、まずは自分で5分間、スマホに向かって話してみて動画で撮影するのもいいでしょう。

準備は大切ですので、まずは誰か身内でもいいので、一人相手でもいいので、自分の発表を聞いてもらうのもいいでしょう。

そうそう、気になるのが、過去の開催を見ていくと、テーマが決まっていて、それに関する小説が多いように感じました。僕が読むのは多くがビジネス書なので、小説となると、最近あまり読んでいないので、またもう一度読み直したほうが良さそうなことかな。

それと、小説であれば、ネタバレになるようなことは話さないほうがいい?と思いますが、話していいのかが気になります。

読書会は「20代30代に限定」と「40代や50代以上でもOK」とか、読書会は年齢限定のところもありますが、ビブリオバトルの場合は年齢は問わないところが多いようです(年齢制限設けているのは中学生、高校生、大学生の大会とか、そういう場合だけでしょうか)

とりあえず挑戦に向けて、ブログにも書いていきます。