人と話す場所「はなつばの会」

読書会は「20代30代に限定」と「40代や50代以上でもOK」とかある

読書会は「20代30代に限定」と「40代や50代以上でもOK」とかある

記事まとめ
  • 読書会には年齢限定と年齢問わずの会とあります
  • 年齢をどうするかは読書会主催者が決めます
  • 読書会に年齢制限するかしないかそれぞれメリットがあります

読書会で年齢限定の会ある?
ありますよ、続きをぜひ♪

読書会の特徴に、年代を限定している会と、年齢問わずという会とがあります。

主催者が決めることなので、どちらが良いとか悪いとかはありません。

それぞれの読書会にメリットがあります。

それぞれの読書会のメリット

  • 年代を限定する読書会のメリットは、気が楽で、同じ悩みや笑いや話題を共有できること
  • 年代を限定しない読書会のメリットは、違う世代から新しい気付きをもらえたりすること

では詳しく見ていきましょう。参加する際の参考になればと思います。

ちなみに読書会(at大阪)は年齢は制限しておりません。

僕が最初に参加した読書会は年齢問わず

僕が始めて読書会に参加した会は、年齢問わずでした。

僕が一番年が上で40代、その下は30代も20代の方も参加されていました。

読書会への初参加だったので、いろんな年齢の人が集まるのが普通だと思っていましたが、どうやらそうでもないみたいです。

確かに年代を参加条件にしている読書会はあるようですね。

読書会での年齢限定ってどういう区切り?

読書会の参加条件としてこういうものがあります。

読書会の年代の区切り方例

  • 20代限定
  • 20代と30代限定
  • 20代から40代限定

恐らく他にもあるでしょう。これは主催者さんの意向で決めますので、区切り方は様々でしょう。

年代を限定する読書会のメリット

20代と40代でしたら、親子くらい離れていることもあります。

そうなると、本の好みも違ってくるかもしれませんし、読書会といっても雑談をする時間がある場合もあります。

そうなった時に、やはり同年代のほうが、同じ趣味があったり、話すことがたくさん見つかるかもしれません。

同じようなことで悩んでいるかもしれませんので、相談しやすいかもしれません。

ですので、20代なら20代同士で、これからの楽しみや不安なども含めて、会社の同期的な存在で仲間のような感覚になれるかもしれません。

また、20代前半の人からすると40代後半の人と話すとなると、少し緊張するかもしれませんね。

逆も然りです40代の人が20代の人と何を話していいか分からないと感じるかもしれません。

同年代の方々と読書会をしたいという気持ちはよく分かります。

年代を限定する読書会のメリットは、やっぱり気が楽で、同じ悩みや笑いや話題を共有できることでしょうね。

年代を限定しない読書会のメリット

読書会の参加者の年齢を限定しないと、どういうメリットがあるか?

それは、自分とは違う人と出会える貴重な場になるからです。

読書会に参加される方とお話しをしていると、常に読書をされている方々ばかりとあって、その本の話だけでなく、その本にまつわるエピソードも興味深いものがあります。

例えば20代の社会人の方なら、ビジネス書を紹介しながら、自分が思うこれからの社会みたいなのを語ってくれたり。

子育て世代のお母さんなら、子育て本を紹介しながら、実体験の子育てについても話してくれたり。

僕は今40代ですが、20代や30代の方々が普段どういうことを考えているのか、これから何をしようとしているのか、そういうこともお話いただけたりすると、とても楽しいです。

同じ40代の人ばかりが集まると、それはそれで、懐かしい頃の話なんかで盛り上がれるかもしれませんが、年代が違うからこそ新しい発見があったりということもあります。

20代の人からすると、少し上の30代、もうちょっと上の40代、さらに上の50代と、上の世代の方から、自分が知らないこと知るきっかけにもなるかもしれませんね。

年代を限定しない読書会のメリットは、違う世代から新しい気付きをもらえたりすることでしょうね。

読書会は基本年齢問わず

いろんな考え方があるので、年齢を絞るのか絞らないのかは、主催者さんが決めればいいことですが、僕としては、これからも、年代限定にはしないと思います。

というのも、あくまで読書会ということで、本を紹介しあうということがテーマであると考えると、あえて年齢を区切ることもないかと思います。

もし、同年代の仲間が欲しいのであれば、それはそれで、別で集まりのようなものを作っていくのはいいかもしれません。

僕が過去に参加した読書会で、20代の方でも、僕には到底できないような、分かりやすくて興味深い発表される方もいましたし、ある30代の方は、紹介がものすごく上手で、結局僕はその紹介本を後で買って読みました。

つまり、違う年代であっても、本の紹介をするスキルにそれほど違いはないのかなと思っています。

20代より30代、30代より40代、40代より50代というふうに、年齢があがればあがるほど、本の紹介がうまくなるということもないような気がします。

もちろん、慣れはあるでしょうから、読書会への参加を続けていれば、話すのが上手くなるかもしれませんが、あまり関係ないのかなと感じています。

読書会に参加されるということは、その時点で読書好きという共通点があるわけです。

その共通点だけで、十分接点はあるわけですから、あとのコミュニケーションは参加者次第ということでいいのかなと思っています。

とかいいながら、やっぱり同年代で読書会をしたいと言い出すかもしれませんが、その時はその時で。読書会は大阪でしか今はしていませんが、いずれ他の地域でもしていきたいと思っています。

はなつば読書会(関西大阪orオンラインZOOM)【40代主催ですが10代20代30代、50代60代70代以上も大歓迎】はなつば読書会(関西大阪orオンラインZOOM)【40代主催ですが10代20代30代、50代60代70代以上も大歓迎】

僕が主催している読書会、募集してたりしてなかったりですが、こちらにまとめています。

こちらは読書会を主催する場合のやり方、進行の仕方をまとめたものです。

読書会は誰でもどこでも開催できます。一度主催してみると、いろんな発見がありますよ。